職種ごとに異なる必須要素

ABC

外資系企業と専門資格

派遣の仕事の中には英語力を活かす事が出来るものが数多く見られます。しかし、これら派遣の仕事は職種により求められる能力が異なる為、予め職種別で異なる能力を把握しておく事が大切なのです。具体例として挙げられるのは外資系企業での派遣の仕事です。これは勤務部署ごとに異なる英語での知識が必要とされ、場合によっては会計や財務関連の資格取得が採用条件とされています。また、外資系企業の仕事でも金融関連の企業では金融市場の動向について把握しておく事が必須とされます。特に、会計などの仕事は資金管理や財務関連の知識が多分に要求されるので、ビジネスの学位や職務経歴が重視されることが多くなるのです。その為、専門性も高くキャリアアップにも最適な仕事となります。

語学力が必要な営業職

派遣の仕事は英語力を養っておく事でより幅広い選択肢の中から勤務先を選ぶ事が出来ます。派遣で英語のコミュニケーション能力が重視されるものに営業職があります。派遣の仕事の中にはデスクワークを中心とするものが多くありますが、これらの仕事内容は主に翻訳業務や書類作成など英語の読み書きのスキルが要求されるものです。しかし、派遣という雇用形態で募集されているものの中には営業職も多く見られます。営業職の場合は海外へ市場を拡大する上で英語力が必須とされ、新規取引先の開拓やクライアントとの交渉において高いレベルのコミュニケーション能力が要求されるのです。従って、英語のコミュニケーション能力を活かしたい場合に最適な職種とされています。